follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【神に近づくための方法?何となく行ったマザーハウスのボランティアで俺が感じた事】

インド

どうも、まさみです(^^)

 

コルカタにあるマザーハウスのボランティアに行ってきました。

 

マザーハウスの近くにある日本人宿サンタナ

ゲストハウスに泊まってたので他にも行くと

言っていた日本人5人で行ってきました。

 

長いスパンでボランティアをする人はボランティア

登録会があってそこでボランティア施設に入るため

の許可書だったりを発行してもらいます。

 

しかし1デイパスの様な物もありコレは登録会に

行かなくても朝のミーティング?に出れば貰える

ので皆でそれを貰いに行きました。

 

1日はジャストビジター

で、朝のミーティングに参加して早速1デイパスを

貰おうとして日本人5人でシスターの所へ行きました。

 

その時シスターに、

 

『何日間ボランティアする予定ですか?』

 

と一人一人質問されたんでみんな、

 

『1日です。』

 

と答えるとシスターが少し怪訝な雰囲気をだして一言。

 

『1日ではただの訪問者ですよ。』

 

今月からヨーロッパからの学生のボランティア

が増えるからあなた達のような1日だけの人には

今後パスは出せないわ。』

 

みたいな事を言われて俺の感じた雰囲気では

今日だけ仕方なく出してあげる的な雰囲気を

感じました。

 

英語だったから微妙なニュアンスの違いは

感じ取ることはできなかったけど明らかに

あまり歓迎はされてない雰囲気でした。

 

教会のシスターや神父さんみたいな人と関わる

機会が今までほぼ無かったのですごく自分勝手に

 

【全てを受け入れてくれるヤバ優しい人】

 

の様なイメージを彼らに持っていましたが

俺が話したシスターはキツい雰囲気の人で

当り前過ぎますが自分が勝手に作ってた

イメージとは少し違いました。

 

まぁ確かにたった1日だけの観光気分の日本人が

ぱっと現れてもできる事は少ないだろうしそこで

真剣に時間を費やしている人からすれば邪魔者で

しかないのかもしれません。

 

それにそういう人達がこれまでにもたくさん来て

すでに辟易としてるのかもしれないし。

 

けど、ぶっちゃけそんな嫌な雰囲気を出すなら1日

だけのボランティアは募集しなければ双方にとって

嫌な雰囲気を味わう事もないし平和なのでは?

とも思いました。

 

と言いつつもそんな問題があっても全ての人に

対してオープンな場所であり続けてくれている

事もすごいなぁと思ったりもして。

 

まぁ、本当に助けを必要としている人達にとっては

こんな事は全く関係ないですもんね。

 

長期で来るボランティアは考え方が違う

宿にすでに2か月ボランティアをしている

クリスチャンの人がいたので、

 

『俺は正直2か月もココでボランティアをしよう

なんて思えない。普通にキツイ^^;なんであなたは

そんなに真剣に長期間ボランティアに参加できるの?』

 

と質問してみました。

 

すると彼は、

 

『神に近づきたくてボランティアをしている』

 

と言いました。

 

どういうことかと言うと非常に興味深い物で

クリスチャンの教えの中に、

 

社会的に弱者(ハンディキャップを持ってる人や

時には女性や子供)とされる人と接する時は神に

対して接していると思って接しなさい。

 

といった教えがあるらしいです。

 

彼らにとって神=イエスキリストですね。

 

なので彼らがマザーハウスでボランティアを

するという事は神に近づくための一つの手段

でもあるそうです。

 

社会的ハンディを負った人達と言うのは

神に近づくチャンスを与えてくれる素晴ら

しい人達みたいな考えがあるそうです。

 

彼らと接する事はもちろん、接する事で

感じた事、経験したことは全て神からの

贈り物といったように。

 

う~ん、なるほど。

 

正直、

 

『まぁコルカタ来たしとりあえずマザーハウス

ボランティアしようかな?

 

位の軽い気持ちで訪ねた俺とは一線を画す

ような真剣な思いでボランティアに取り組

んでいるんだなと感じました。

 

ボランティアって何なんだべな?

で、結局1デイパスをもらいに行った日は

そのままボランティアに参加はしませんでした。

 

どうも自分の中でマザーハウスでのボランティアを

重く受け取ってしまい俺みたいな軽い気持ちで参加

するのは微妙だろと思ってしまいました。

 

なんかもともとボランティアって

 

『うわっ、きっつ!誰か助けて欲しいよ!』

 

って人がいて、

 

『おっ!俺手が空いてるし助けるぜ!』

 

って感じに困ってる人がいてそれを助けれる人が

いるから助けるって位シンプルな助け合いって

感じでいいんじゃないのかなと思ってました。

 

そこから見返りを求めずそれを継続していく

というのはまた少し別のかもしれないけど。

 

だから変に気負わないでサクッとボランティアに

参加するのもありだと思うんだけどシスターの

雰囲気やガチのボランティアの人を前にすると

若干考えてしまった。

 

まぁ、そんなのやってみないと何できるかなんて

分からないし役に立てる事もあるかもしれない

からまずはやってみよっ!って思って結果的に

マザーハウスでボランティアさせてもらったけどね。

 

で、なんか色々つらつらと書いたけど結局

誰か力を必要としている人がいて、

 

『俺、何か力になりたいです!!』

 

って思ったんだったらその思いの通り行動

すればいいなって思いました(^^)

 

もちろんその時の状況や環境によって色んな

事を考える必要はあるけど。

 

で、したくなければしなければいい。

 

クリスチャンの人達の様にそれを自分の使命の

様に感じて取り組む人たちもいるわけだし。

 

そんな感じでうまい具合なバランスが世の中には

あるのだろうと勝手に俺は思ってます。

 

今回色々考えすぎて若干もやっとって感じに

なったけどやっぱシンプルにいこう!

動くのが一番俺にはよい(^^)

 

と、ざくっとまとめましたがそんな事を

思ったコルカタマザーハウスでした。

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================