follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【インドのコルカタで日本人専門の超有名詐欺師に会った話~その2~】

インド

f:id:m-hangloose-s:20161003201145p:plain

 

どうも、まさみです(^^)


前回の話はインド人と友達になって

家帰って彼の名前をネットで調べてみたら

日本人専門の有名詐欺師だったって所まで。


前回までの話はこちらから↓

 

で、一応ネット上で彼は詐欺師らしいと

分かったんですが昨日の時点では身の危険は

感じずもう少し彼の本音を聞いてみたいと

思い再度会う事に。


コルカタのローカルレストランで一緒に飯を食う

昨日ラージと出会ったサダルストリートで待ち合わせ。

 

前日に美味しいインドカレーが食べたいと

伝えたらおススメの店に連れてってくれました。

 

ただのイイ奴なのか!?

味は正直ぼちぼちって感じでした。(笑)

けど連れてってくれてありがとう!!


ラージに『ラージは詐欺師なの?』と聞いてみる

その日も昨日同様普通に話をしていたんですが

どうにもこうにもネットに彼の顔写真と名前が

詐欺師として載っていた事を言いたい気持ちを

抑えきれず彼に尋ねてみました。

 

『カレー美味しかったね!てかさラージって詐欺師なの?』

 

すると彼の顔色がみるみる変わる、かと思ったん

ですが意外と冷静に、

 

『なんで?』

 

と聞いてきました。そして続けて、

 

『あぁ~、ネットでも見たの?』

 

と俺に尋ねてきました。

 

意外にも彼はネットで自分が詐欺師と

書かれていることを知っていました。

 

……


『うん、見たよ。このサイト。』

 

と言って彼が詐欺師として載っているサイトの

キャプチャ-を彼に見せました。


『私は詐欺なんてしていない』

サイトのキャプチャを見せると彼は一言、

 

『私は今まで詐欺なんかした事ない』

 

こう言いました。

 

『どういう事?』

 

と彼に尋ねる。彼の言い分はこういう事らしい。


私はビジネスをしているだけだ

始めに彼の詐欺と言われている例を挙げると

彼は今まで本当は1万円で買える商品を5万円

で売ったり2万円で組めるツアーを10万円で

組んだりそういう事をしてたらしい。

 

(彼が載ってたサイトには結婚詐欺とも書かれてた

けどそれについては詳細は分からず。。)

 

けど彼は今まで決して強要したり監禁したり

大勢で囲んだりして無理やりそれを買わせた

事はないという。

 

彼曰く『ただ提案しただけ』

 

『こんな素敵なサリーがあるんだけどこれは

すごくいい素材だから5万円するんだ。』

 

『けど今回は友達のあなたの為に特別に

2つで5万円にしてあげるよ』

 

『欲しかったら買えばいいしいらなかったら

買わなくていいよ』

 

みたいな感じで提案してそれにお客さん

(主に仲良くなった日本人)が納得したら

買ってもらったりツアーを組んだりしてた

だけだという。

 

もしその値段が高いと思えば断る事も出来るし

私も無理やりお客さんに売りつける様な事は

してないと言っていました。

 

相手が納得した値段で商品を買ってんだから

これは詐欺じゃなくてビジネスだ!!って

言っていました。

 

…… 

 

それと日本人の危機管理意識の低さについても

彼は言及していました。

 

『これだけコルカタは詐欺や怪しい話が多い

なんて言われてて地球の歩き方やネットでも

気をつけましょうって言われてるのに日本人は

自分が引っかかる訳がないと思ってるのか

他人事の様に考えて全く危機意識がない。』

 

『平気で名前も知らない様なインド人の

バイクの後ろに乗ってっちゃうし馬鹿だよ。』

 

『そりゃ何十年も同じ場所で同じような事件が

起き続けるよね。』

 

『もしあらかじめサリーの適正価格を分かって

たら、ツアーの適正価格を分かってたら簡単に

断れるんだから。』

 

『騙されないための準備を一番していないのが日本人だよ。』

 

なんて言っていました。

 

彼の言いたい事も何となくわかりますが

こんなこと言ってる時点で若干騙してる

意識があるんだろうなぁと思って聞いてました。


自分も昔営業をやっていた時に6000円が

定価の商品を実は3000円まで値下げして

販売できるけどなるべく6000円で売る努力を

しなくてはいけなかったりとかありました。

 

てかどの営業をしてる友達に聞いても皆

言うけど日本でも最初は定価で提案する

けど基本多少の値引きは可能だったりします。

 

なので何となく言いたい事は分からなくも

ないんですが詐欺師の使うテイのイイ言い訳

に聞こえもします。


それに彼のケースだと値段があまり

にも高額と海外と言う少し特殊な状況で

正常な判断をしづらかったりもするんで

日本でいうクーリングオフ的な何かがあれば

適用されそうな感じですよね。

 

ビジネスとしてやってるって事は彼は日本人

と仲良くなりたいから声をかけてるなんて

言ってましたが最終的には金を取る前提で

声をかけてるわけですしね。

 

ただ俺も個人的には彼の意見に一部同意で

自分の努力次第でリスクを避ける事はできる

ものだと思います。

 

それに基本的には買うという選択やツアーを

申し込むという選択は自分自身がその時に納得

したうえで決めているのだから後からあれは

詐欺だったとか文句を言う事は個人的には

ちょい違うかなと感じます。

 

ちょっと厳しいかもしれませんが自分の選択ですしね。

 

海外だし急な事で判断しづらかったりとかは

もちろんあると思いますが。

(監禁されたり強要されたり普通に噓つかれたり

そういうのは別としてね)

 

まぁ色々言いましたが何にせよラージの

やってる事がビジネスならばそれはそれで

全くもって愛のない自分よがりな一方通行の

クソビジネスに俺には見えるので完全に

アウトですけどね。

 

そんな感じで俺の意見も彼に伝えたんですが、

 

『俺はただマサと仲よくなりたかっただけ

なのにネットに書いてるってだけで俺を詐欺師

扱いしてそんな風に言うんだね。』

 

『インド人と日本人では考え方が違うの分からないの?』

 

『俺がマサに何かした?何もしてないよね?

そんな私じゃなくてネットだけを信じるなんて

ナンセンスだ!!』

 

『俺は君を騙すつもりなんて全くないのに

これじゃあ友達になれない。バイ!!』

 

と、こんな感じでば~っと彼が言いたい事を

言ってその場からどこかへ行ってしまいました。

 

……

 

詐欺師と言われてるわりに随分感情的だなと

思いながらも仲間とか連れて来られたら超怖い

なと思って俺も風の様にササッとその場を去りました。

 

ちょっと興奮して捲し立てる様に俺に言って

きた所をみるとやっぱり多少の罪悪感の様な

物はあるんでしょうかね?

 

話している時はこれはビジネスだから俺は

全く悪くないと言ってましたが。

 

本当の所はわかりません。

 

けど何にせよ今回は特に何もなくて良かったです。

 

という事で、

という事でコルカタの有名詐欺師に会った話でした。

 

実はこの後色々話を聞いたりネットで調べて

みるとカーン一味という詐欺ファミリーが

コルカタでは幅を利かせていてグループ戦で

高額商品を売ったり高額ツアーを申し込ませ

たりしているそうです。

 

俺があった男もサーフラージカーン。

 

カーンと言うのは日本でいう佐藤的な感じで

非常にポピュラーな名前らしいんですが

とにかくコルカタではこのカーン一味に

注意みたいです。

 

インドを旅していると騙されたという

旅人に本当によく会います。

 

笑い話にしてる人もいるんですが結構

シリアスな人もいたりします。

 

実際に俺の友達も詐欺にあっています。

詐欺をする奴が絶対的に悪いと俺は思い

ますが騙されないために自分で情報を

集めたり危機意識を持って騙されにくく

する事も可能だと思います。

(どうしようもない時ももちろんあるけど)

 

本当に俺も気をつけようと思いますし

そんな事考えずにみんな楽しく旅が

できたらなまらいいなぁと思います。

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================