follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【ミャンマーざっくりまとめ】

ミャンマー

f:id:m-hangloose-s:20160824192804p:plain


どうも、まさみです(^^)

今回はミャンマーのざっくりまとめ。

ミャンマー本当にいい所だったなー!


という事で早速ざっくりまとめてみたいと思います!!

 

ミャンマーざっくりまとめ

滞在日数→14日間

 

ミャンマー滞在はちょうど二週間でした。

長いようで短かったっていうのが印象ですかね。

 

行った場所もヤンゴンとピンウーリンと

ゴールデンロックの方と3か所だけ。

 

けどめちゃくちゃ充実した2週間でした。

 

特に初めての経験で孤児院に滞在させて

もらったというのが大きかったですね。

 

紹介してくれたけい君には本当に感謝です(^^)

 

宿泊費

旅人が口を揃えて言うのが

ミャンマーの宿は高い』という事。

 

確かに実際タイやベトナムなどの他の

東南アジア諸国に比べると少し高い印象

がありました。

 

それでも俺はヤンゴンでは6ドル、ピンウーリン

では4ドルの宿に滞在していたのでそこまで

高さは感じませんでした。

 

少し情報が古いですがこのサイトに安宿の

情報が結構載っているので参考にすると

いいかもしれません。

 


ただ安宿が見つけられないと一泊10ドル位の

所に泊まるのが定石のようになっている様な

のでネットや口コミを使っていい宿を見つける

事をおススメします!

 

食費

場所によりますが比較的安いと思います。

 

ヤンゴン市内だと少し高くついてちょっとした

レストラン、食堂で食べると一食300円~500円

位はかかりました。

 

ただヤンゴン市内でも屋台なんかで食べると

半額の150円位でお腹いっぱいカレーが食べれます。

 

ピンウーリンでは田舎のせいか屋台でカレーを

食べた時はお腹いっぱい食べて半額以下の60円ほどでした。

 

めっちゃ安い!!

 

レストランや食堂で食べても150円位で調子

イイ感じに食べれちゃいます。

 

ピンウーリンはマーケット沿いにストリート

フードも結構あってそこだともっと安かったです。

 

個人的には美味しいし安いしでミャンマー飯最高でした(^^)

 

交通費

今回はあんまり移動しなかったのでそこまで

情報がないんですが他の東南アジア諸国と

変わらない感じの値段だと思います。

 

うわっ、なまら高い!とも思わないし

うわっ、なまら安い!とも思わない極めて

適正価格と言うのでしょうか。

 

分かりづらくてすみません(笑)

 

ただローカルバスはめっちゃ安いです。

 

ヤンゴン市内から空港まで数十円で行けた記憶があります。

 

ただ乗るまでが結構めんどくさかったりするので

時間に余裕をもってしっかり下調べしたうえで

利用するのがよいかと思います。

 

本当にざっくりですがそんな感じです。

 

という事で、

という事で今回もミャンマーについて

ざっくりまとめてみました。

 

ミャンマーは本当に大好きな国になりました。

なぜかってミャンマー人が本当に優しいんですよ。

 

言葉も通じないのに一生懸命ミャンマー料理の

食べ方を教えてくれようとしたり単純に街を

案内してくれたり。

 

店の人でもないのに俺たちの為にわざわざ

どこかからティッシュを持ってきてくれたり

もう色々優しい。

 

挨拶すればにっこりとして挨拶を返してくれる。

 

そんなミャンマー人が大好きです(^^)

 

けどそんな事をサンマイに話したらきっと

それは今だけだと思うって言ってました。

 

これから5年、10年経つにつれてミャンマー

もっと開放的になっていって観光客もどんどん

入ってくると思います。

 

そうなると今はまだ珍しい観光客にもどんどん

慣れてきて態度も適当になってくだろうって。

 

隣国のタイのようにお金お金と金を稼ぐ

ためのカモにしか観光客を見ないだろうって。

 

タイの人達が必ずしもそうとは思いませんし

タイも大好きなんですがもしミャンマー

そうなったらマジで悲しいですね。

 

そうならないように今の素敵な優しいミャンマー

の人たちのままに発展していって欲しいと

自分勝手ながら思ってしまいます。

 

ちなみにミャンマーの人たちは一括りに

ミャンマー人』と呼ばれるのをあまり

好んでいないようでした。

 

ミャンマーにはかなり多くの部族がもともと

住んでいて大きく分けると8つの部族、

全体で135に及ぶ民族が存在するそうです。

 

そしてそれぞれの部族はそれぞれの州、

そして文化を持って生活をしています。

 

もともとはアメリカのように州制度を適用して

各々の文化や民族を大切にして暮らしていこう

という考えの人が多かったようです。

 

しかしミャンマー政府により一括りにミャンマー

という形にされてしまいそれを不満に思っている

人も未だに多いみたいです。

 

なのでミャンマーで出会う人出会う人が、

 

『私はカチンの者です(^^)』

 

とか

 

『俺はシャン出身だぜ!!』

 

みたいな感じで必ずと言っていいほど

自分の民族名を主張するのでなんでだろう

とは思ってたんですがそれが原因みたいです。

 

新しい政権下でこれからもどんどん発展していくだろうミャンマー

 

繰り返しですし古き良きじゃないですが

今の素敵な優しいミャンマーの人たちの

ままに発展していって欲しいと自分勝手

ながら思ってしまいます。

 

まぁ何はともあれミャンマー最高でした!!

 

ミャンマー最高(^^)!!ありがとう!!

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================