follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【大好き→ハグ→みんなハッピー(^^)】

f:id:m-hangloose-s:20160821141934p:plain

仲良しだったミュージェオン(^^)本当に素直ないい奴!!彼は色々俺に教えてくれました(^^)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在地はインドのリシケシ(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

どうも、まさみです(^^)

 

ミャンマーの孤児院での生活もだいぶ慣れて

きて子供達との距離も大分縮むまってきました。

 

ここでは特別な仕事という仕事はしていない

んですが毎日朝から日が落ちる晩まで子供達と

キャッキャ×2いいながら遊んでいます。

 

流石にそんだけ遊んでいると子供達とも

かなり仲良くなります(^^)

 

そんなある日ふとある事に気が付きました。

 

スキンシップが大好きな子供達

気づいたある事とは何かというと彼らは

スキンシップの量が半端ないなという事。

 

朝でいうと『おはよ~(^^)』と俺がみんなに挨拶

すると『マサー!おはよー!!』と言ってジャンプ

しながら毎日抱き着いてきます。(かわいい。)

 

しかも1人や2人じゃなく7人とかで(笑)

 

もちろん抱き着いて来ない子達もいる

(ちょっと寂しい)んですがそんな子達も

ハイタッチをして来たりしてくれます。

 

さらにちょっとどこかに移動しようとすれば

『ヘイ!マサ!マサ!』と言って必ず手を

握って一緒に移動しようとします。(コレ嬉しい)

 

一緒に映画を見るとなれば俺の膝の上を

みんなで取り合います。(俺、人気者?と

勘違いしてしまう。)

 

夜になって帰る時には『最後にもう一回

抱っこして!』とか『ハグ!ハグ!』とか

言ってきてマジでマイナスイオン系。

 

ここに書いたのはほんの一例ですが事あるごとに

スキンシップを求めてきます。

 

子供が抱っこしてとかおんぶしてとか言うのは

まぁ結構当たり前の事だと思うんですがココの

子供たちは普通よりもスキンシップが大好きに感じました。

 

その理由はやはり小さくして親と離れてしまって

甘える事ができないからなのかなぁなんてよく

ある風に考えていました。

 

しかしそれだけではなく彼らはもっとシンプルに

自然にスキンシップをとっていた事が分かりました。

 

えっ、だって嬉しいじゃん(^^)

f:id:m-hangloose-s:20160821150034p:plain

干してある誰かのパンツを嬉しそうに指さすミュージェオン(笑)

 

仲良しだったミュージェオンと遊んでいる時でした。

 

彼は俺と手を繋ぐのが大好きです。

いつでもどこでも俺と手を繋ぎたがります(恋人か!)

 

そしてハグも大好きでハグもしたがります。

いっつも俺に抱き着いてきます(めちゃ嬉しい)

 

なのでそんな彼に俺が、『ミュージェオンは

本当に俺と手を繋いだりハグするのが好き

だな~(^^)』とぽろっと言ったら彼はこう言いました。

 

『え、だって嬉しいじゃん!!』

 

『アイライクマサ!アイライクハグ!

ウィーアーハッピー(^^)イエス?』

 

 

 

……

 

 

………

 

 

純粋な瞳でいう彼に俺はマジすげーって思いました。

 

大好き→ハグ→みんなハッピー(^^)!!

 

超シンプル!!純粋すぎる!!マジでラブ!!

 

そして続けて彼は俺にこう言いました、

 

『マサ知ってる?ハグはみんなを幸せにするんだよ!

教会でシスターが教えてくれた!』

 

『シスターにハグされると俺も幸せになる!』

 

『だから俺もマサにハグする(^^)』

 

 

 

……

 

 

………

 

 

ミュージェオン、お前ってやつはなんてイイ奴なんだ!!!

 

やっぱ大人になると何にせよごちゃごちゃ

考えすぎてしまいます。

 

親に甘えることができなかったっていう

潜在的な部分がスキンシップに繋がってる

とか思ってましたがそんな事どうでもよくて、

 

『ハグするとみんな幸せになる』

 

っていうシンプルな思いで彼らはハグや

スキンシップをしてくれてたんだなと。

(もちろん甘えたいとかもあると思うけど)

 

他の子達のスキンシップが多いのもシスターの教えなのかもしれない。

 

あたたかい気持ちのスキンシップは人を幸せにするな(^^)

 

俺も彼の様にシンプルにあたたかく

生きていこうと思います(^^)

 

子供は白にも黒にも染まりやすい

そんな素敵な子供達なんですが1つだけ

気になる出来事がありました。

 

彼らに今まで周って来た世界の国の写真を

見せていた時でした。

 

写真がちょうどミャンマー仏教の聖地

ゴールデンロックの写真に差し掛かった時

子供達は口々にこう言いました。

 

『バッドゴッド!!バッドゴッド!!』

 

悪い神様。

 

みんな口を揃えてこういうんですね。

 

で、その写真は消した方がイイと言ってきました。

 

なんでこれは悪い神様なの?と聞くとシスター

が教えてくれたと言っていました。

 

 

……

 

 

実際にシスターがどういった形でどの様な

意図でブッダについて説明したかはその場

にいなかったので全くわかりません。

 

もしかしたらシスターはそんな風に伝える

つもりはサラサラなかったかもしれません。

 

しかし実際、子供達にはブッダは悪い神様

といった形で伝わってしまっていました。

 

色々な経験や判断基準を持ったうえでそう

感じてそう思うのなら多少は仕方がないかもしれません。

 

しかし子供はよくも悪くも超純粋です。

 

ハグがみんなを幸せにすると言えばそれを信じるし

ブッダが悪い神様と言えばそれも簡単に信じてしまいます。

 

極端な話、人を何人殺すかがみんなの幸せにつながる

なんて言われても信じてしまうかもしれません。

 

カンボジアポルポト政権下で行われた事も

これに似たものがある気がします。

 

ちなみにカンボジアポルポト政権下の事を

書いた記事はこちら

 

この出来事が少し気になってスタッフの

サンマイに話をしてみました。

 

すると彼は、

 

『シスターがそんな事は言わないと思うのだけどね。』

 

『宗教や人の価値観を否定する事は決して

いい方向にはつながらない。もう一度子供達と

しっかり話してみます(^^)ニコリ』

 

と言ってくれました。流石サンマイ!!

 

よくも悪くも子供たちの純粋さを垣間見た出来事でした。

 

という事で、

という事で純粋な子供たちの話でした。

 

本当に子どもって純粋です。天使です。

モチモチしてます。

 

お肌プ二プニでまじかわいい(^^)

 

SMOCの子供達には素敵なスタッフがついているので

伸び伸びと純粋に育っていくと思います(^^)

 

子供は大人を見て育つ。

 

そんな事をすごく思い知る出来事でもありました。

 

あんな調子いい感じの素敵な大人になりてぇー!

 

そう思ってもらえる大人に一歩一歩近づいて

行けるように楽しくやってきたいと思います(^^)

 

大人サイコー!!子供もサイコー!!

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================