follow us in feedly

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【死後45年以上経った今も特殊保存されてベトナム人に崇拝され続けるホーおじさん】

f:id:m-hangloose-s:20160601033151p:plain

ホーチミン廟。ベトナム国旗が揺れてます。

 

どうも、まさみです(^^)

 

現在ネパールにいて昨日まで10日間ほどトレッキングで

山を登っていたため更新が滞ってしまいました^^;

 

このトレッキング、中々ハードでしたが本当に

やってよかったです(^^)自然最高!!

 

早くリアルタイムに追いつけるように今日から

また更新再開していくのでよろしくお願いします!

 

それではまたベトナムの話です。

 

 

……

 

 

ハノイで有名な観光スポットのホーチミン廟に行ってきました。

 

ココに何があるかと言うとベトナム建国の父と

言われている故ホーチミン主席がなんと死んだ

後にエンバーミングという特殊な方法で長期保存を

可能にし展示されているという場所です。

 

人が展示されてるって、なんかめちゃ変な感じがしましたね。

 

このホーチミン氏。ベトナム人からは親しみを

込めて『ホーおじさん』と呼ばれているようですね。

 

ホーチミンさんはこんな人→ホー・チ・ミン - Wikipedia

 

ホーチミンさんを見て思った事

この特殊保存されたホーチミンを見るには

荷物チェックを受けかなり厳重に警備された

室内に入らなくていけません。

 

中に入る前にカメラは預けなくてはいけませんが

もちろん室内は撮影禁止。私語も禁止です。

 

ホーチミンを見れる時間は約45秒ほど。

 

見て驚いたのは蝋人形の様に凄く肌がキレイだった事。

 

そして周りのベトナム兵に厳重に守られて

いる彼を見てなんだか可哀想になりました。

 

もちろん非常に丁寧にそれでいてとても尊敬の念を

持ってホーチミンは安置されていると思います。

 

しかし。彼の遺言では死後は火葬をするように

と言っていたようです。

 

個人崇拝につながる墓所や霊廟の建設を

望んでいなかったそうですね。

 

それが巡り巡って特殊保存なんかされちゃって

連日観光客に見られるという毎日。

 

まぁ俺もその一人なんだけど。

 

ココはフリーで入れるけどこの後に続く

ホーチミンが住んでた家を見るのは有料。

 

という事で死してなおベトナムのために

お金を生み続けてる彼ですが今どんな

気持ちなんでしょうか。

 

決して分かり得ないけど彼は今何を

思ってるんでしょうかね。

 

ただその場にいたベトナム人は熱心に何かを拝んで

いたのでホーチミンの意には反しますがベトナム

にとってはやはりとても重要なんだと思います。

 

一言彼に心の中でお礼を行って安置室を後にしました。

 

ホーさんの家を見学する

f:id:m-hangloose-s:20160601033403p:plain

ホーチミンハウス。非常にシンプルで簡素な感じでした。

 

ホーチミンの遺体が安置されているホーチミン廟を

でるとすぐに生前ホーチミンが住んでいたと言われる

ホーチミンハウスを見ることができます。

 

生前は非常にシンプルな暮らしをしていたと

言われるホーチミン

 

そんな彼の一面が垣間見れるような非常にシンプルな家でした。

 

f:id:m-hangloose-s:20160601033701p:plain

ココで会議などもしたそうです。

 

f:id:m-hangloose-s:20160601033725p:plain

目の前には気持ちのいい感じの池があります。

 

f:id:m-hangloose-s:20160601033926p:plain

ベトナムTを着た幼稚園児達。めちゃかわいかった(^^)

 

 

という事で、

 

という事でホーチミン廊行ってきました!

 

特殊保存された人間というのは初めて見たので

なんだか不思議な感じでした。

 

ただこのエンバーミングという方法。

 

アメリカやカナダ等欧米諸国では一般的な遺体の

処理方法となっていて死後エンバーミングを行い

葬儀を行うという一連の流れが確立しているそうです。

 

この方法に馴染のない日本人からするとすごく

特殊な不思議な感じがしますが意外と普通の

ことみたいですね。

 

演出もあるのかもしれませんが軽くライトアップ

された彼からは少し神々しさも感じられました。

 

今後技術がより発達して彼が蘇ったりなんて日は

来るんでしょうかね。

 

また、外国人観光客よりもベトナム人の観光客が

非常に多いように感じました。

 

やはり死してなをベトナム人にとってはとても

特別な存在なのでしょうか。

 

なんだか不思議な感覚な1日でした。

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^) ===================================