follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【普通のタイマッサージと思ってたらスペシャルマッサージの店で最終的にビンタされた話】

どうも、まさみです(^^)

 

パーイからチェンマイへ戻ってきました。

 

行きは爆睡してて大丈夫でしたがパーイから

チェンマイへの帰りのミニバンでまさかのゲロりました^^;笑

 

幸いちゃんと袋にリバースしてすぐに休憩ポイント

だったんでその後は回復して大丈夫でした。

 

チェンマイパーイ間の道は車酔いしやすい人は

マジ要注意して下さい!!

 

タイ古式マッサージ屋へ行く

f:id:m-hangloose-s:20160503173403p:plain

2人でやるヨガとも言われているタイ古式マッサージ

 

チェンマイの後はラオスとの国境の街チェンコン

に行くだけだったんで今後タイマッサージも

中々受けれないと思いうけに行くことにしました。

 

タイ古式に限らずマッサージが大好きで1時間300円~

600円位でマッサージが受けれちゃうタイではかなり

頻繁に通っていました。

 

色んな国でマッサージ受けましたが個人的には

タイはどこで受けてもかなり気持ちよかったです。

 

特にタイ古式は流石本場。世界一気持ちいマッサージの

名に偽りない至福の時間を提供してくれます。

 

そして一度受けてとても良かったマッサージ屋が

あったのですが残念ながらその日は定休日。

 

やってなかったので街を歩き適当な店を選ぶ事に。

 

歩いていると客引きのタイ人姉ちゃんが

『マッサ〜ジ、マッサ〜ジ』と超話かけて

来るんですがその中でタイ古式1時間150バーツ

の安い店があったんでそこでマッサージを

うけることに。

 

なぜかオイルマッサージを超勧められる

店の中に入ると客引きの姉ちゃんとは別の中々

ガッチリして迫力のある若めの化粧をした50代

位の化粧が濃いタイ人のおばちゃんが俺の担当

としてつきました。

 

するとおばちゃんはなぜか、

 

『ノータイマッサ〜ジ、オイルマッサージイズベリ〜グッ〜ド』

 

と執拗にオイルマッサージを勧めてきます。

 

俺はオイルマッサージも好きですがココはタイ古式の本場タイ。

 

やはりタイマッサージを受けたいと思い

オイルマッサージは断ることに。

 

しかしそれでもおばちゃんは引き下がりません。

 

『マイオイルマッサージイズベリ〜ベリ〜グッ〜ド、

オイルマッサ〜ジ、オイルマッサ〜ジ』

 

と片言の英語でこれでもかという位激しく

オイルマッサージを押してきます。

 

う〜ん、ここまで言うなら相当気持ちいいのか?

と思い値段も同じだったんでオイルマッサージを

うけることに。

 

ユーテイクエブリシィング

わかったよ、したっけオイルマッサージを

お願いしますね。

 

というとおばちゃんはニコニコして俺を

2階に案内して、

 

『OK、ユーテイクエブリシィング』

 

と言って服を脱いで待ってろ的なジェスチャー

一緒に指示を出してどこかに消えていきました。

 

まぁ、オイルマッサージだしなと思いパンツ以外は

全部脱いでスタンバっていました。

 

この辺でもしかしてココは友達に聞いたことのある

スペシャルマッサージの店じゃないか?と疑いました。

 

個室に通されたらほぼスペシャルだよと友人は

言ってましたが案内された2階の部屋は簡易的な

カーテンがあるだけでチラチラ中も見えるし

個室といえばそうだけど違うと言えば違うって感じ。

 

う〜ん、微妙なラインだな。。

 

とりあえずスペシャルは受けたいけど

今日は普通のマッサージを受けたい気分だったんで

金もかけたくないしもしスペシャルな感じになったら

断ろうと思いおばちゃんを待ちました。

 

ノー!!ユーテイクエブリシィング!!

そんな事を考えてるとおばちゃんが戻ってきました。

そしてパンツを履いてる俺を見て、

 

『ノー!!ユーテイクエブリシィング!!』

 

と顔をしかめてかなり強めの口調で言ってきます。

 

おいおいおばちゃん、俺がパンツ履いてるからって

そんなにが怒るなよと思いつつ俺も言い返します。

 

『俺は普通のオイルマッサージを受けたい。

なぜパンツまで脱ぐ必要がある?

ドンニードスペシャルマッサージや!』

 

と少し強めの口調で言う。

 

するとおばちゃんは理解したのかしてないのか

分からない感じで、

 

『オーケーオーケー、オイルマッサージオイルマッサージ』

 

とつぶやきながらマッサージを始めようとしました。

 

この時点でおやっ?とは思ったんですがとりあえず

おばちゃん自慢のオイルマッサージを受けることに。

 

さらっと俺のパンツを脱がそうとするおばちゃん

最初の3分位は普通のオイルマッサージでした。

 

そう、たったの3分だけ。

 

そんでもっておばちゃんのマッサージがマジで

今までで受けたマッサージでダントツで下手で

まさかの全く気持ちよくないという。

 

しかも俺の体を跨ぐ度に俺の体の各所の肉を足で挟んだりしてきてマジ痛い!

 

痛い!痛いよおばちゃん!!

 

そしてこのおばちゃん、マッサージをしていると

何度も何度も俺のパンツを脱がそうとトライしてきます。

 

腰のマッサージからお尻の方に下がってきて

さり気なくパンツに指をかけて下げてきたり

太もものマッサージをしながらうまい具合に

指にパンツを挟んで下げてきたりとそりゃあ

もう巧妙に俺のパンツを下げてこようとします。

 

こんなスキル磨かないでマッサージのスキル磨いてくれと思う俺。

その度に俺は、『やめてくれ、必要ない』と断ります。

 

それでもおばちゃんは諦めません。

 

スペシャ〜ル、スペシャ〜ル』

 

と言って最終的にはパンツを脱がすのが

当たり前って感じでグッと俺のパンツに

手をかけてスルリと下げてこようとしてきました。

 

ココでようやく俺は確信しました。

『あっ、ココはスペシャルマッサージの店なんだ』と。

(気づくの遅っ)

 

丁寧にお断りするもおばちゃん何故か激怒

この時点でマッサージも全く気持ちよくないし

スペシャルも望んでいないので寝転んでた状態

から座り込んで、

 

『おばちゃん、スペシャルは必要ないです。

それならもうやめて帰ります。』

 

とおばちゃんに伝えます。

 

するとおばちゃんは、

 

『ノー!スペシャルイズベリーグッド!!

ナイスナイス!!ユー!ベリーグッド!!

スペシャル~イクヨ~!!キモチイイ!

モッコリモッコリ~!!』

 

と、ジェスチャーを交えながらスペシャルの

素晴らしさを片言の英語と日本語で俺に必死

で伝えてきます。

 

てか、モッコリわろた(笑)

 

これが可愛いお姉ちゃんなら『ほうほう、そんなに

スペシャルな事があるならやってもらおうか』とも

なるかもしれないけどね。

 

しかし俺にはおばちゃんの声は届きません。

 

もうね、こんなこと言うと申し訳ないけど

ドラクエに出てくるボストロールっぽい風貌の

おばちゃん。

f:id:m-hangloose-s:20160503171327p:plain

※参考画像

 

しかも必死すぎてマジ怖い^^;笑

再度丁重にお断りしました。

 

するとおばちゃん、何を思ったか急に憤慨し始めます。

 

タイ語でバーっと何かをまくし立てられて

マッサージの続きをするから寝ろと言われます。

 

まだ15分も立ってなかったんで気持ちよく

いけどもう少し位マッサージ受けてくか

と思い寝転んで受けることに。

 

するとおばちゃん、マッサージと見せかけて

怒りに任せて半端なく強くツボでもなんで

ない所を押してきたり挙句の果てに手のひらで

バシバシと俺の背中を叩き始めました。

 

わや陰湿すぎてちょっと笑った(笑)

 

けどこの攻撃もかなり続いたんで流石に

俺も怒りを覚えおばちゃんに猛抗議。

 

するとおばちゃん、またタイ語でバーっと

俺に対して何かをまくし立て最後に、

 

『パーンッッ!!』

 

と俺のほっぺにビンタをかましてきました。

 

 

 

 

……

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

えっ~!?てか痛~(;^ω^)

 

おばちゃんなまらフルスイングしてきたし

ガタイいいからか結構痛いし(;^ω^)

 

マジでトロール系女子。

上腕二頭筋強め。

 

俺もびっくりしましたがおばちゃんも少し

びっくりした表情。(笑)

 

ふざけんなこのトロールが!!とも思いましたが

この時点で俺の頭も冷えてさっさと服を着て

怒り狂った表情のおばちゃんをスルーして

さっさと店を出ました。

 

おばちゃんは金を払え的なことを言ってましたが

クソみたいなマッサージ+陰湿な攻撃+ビンタまで

されてなぜ金を払わなきゃいけんのよと思い全力で

シカトして金は払わず店を後にしました。

 

という事で、

という事で予想外の出来事に見舞われたタイでの

最後のマッサージでしたがいい勉強になりました。

 

本当に店の風貌なんかはめっちゃ普通の感じで

一階では欧米人が数名足つぼマッサージを受けて

たし女性のお客さんもいたし最初はスペシャルな

店とは全然疑いませんでした。

 

まぁ経験してみないと分からない事だらけですね、世の中は(^^)

 

ちなみに金を払わずに店を出た後、小心者の俺は

夜のお店という事もあって怪しい兄ちゃんが追い

かけて来ないかなと何度か振り返りながら歩きま

したがまぁ、その後は何事もなく終わりました。

 

一度経験してみるとおもろいかもですね(^^)

 

ちなみにカンボジアで同じような手口で

引っかかった記事はこちらから↓

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================