follow us in feedly

調子いい感じかい(^^)?

2016年3月3日から世界一周に出ました‼大好きなカレー食いながらゆったり回ってきます(^^)

【写真多めで振り返るバラナシ~牛とウンコとサリーとガンジスと牛とウンコ~

どうも、まさみです(^^)

 

インドのバラナシは非常に興味深い街でした。

 

多くの人がイメージするであろう『インド』が

ぎっしり詰まった聖地バラナシを写真で振り返ります(^^)

 

写真で振り返るバラナシ

f:id:m-hangloose-s:20161024014028p:plain

バラナシで泊まってたのは日本人宿サンタナサンタナまではすごく狭い路地を通っていかないといけないんですがその路地がまた雰囲気があって良かったりします。けど上の写真の様にたまに宿から出た瞬間に巨大な牛が道端にズドンと横たわっていたりするのにはびっくりでしたね(^^)笑

 

f:id:m-hangloose-s:20161024015048p:plain

バラナシの街中。本当に道のど真ん中で牛がまったりくつろいでます。けどインド人はみんなそれを気にする訳でもなく猫や犬がいるのと同じ感じで牛がいるのが当たり前で過ごしてます。マジでイイ感じに牛だらけだしウンコだらけ(笑)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024015526p:plain

バラナシにはどんな小道も牛が大量にいます。マジで牛。牛過ぎにもほど。ちなみにインドのサリーは色鮮やかで本当に綺麗ですね!!

 

f:id:m-hangloose-s:20161024020808p:plain

『おい、邪魔だ、どけよ』とばかりに悠然と歩を進めてくる牛。なんかカッコいい(^^)バラナシの路地裏はウンコだらけでしたが雰囲気は好きでした(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024015705p:plain

ガンジス河を眺めるインド人とインド牛。この牛は微動だにせずにジッとガンジス河を眺めていましたが何を考えていたんだろう。とにかくどこにでも牛がいます。インド人に聞いたら街の牛たちは野良牛ではないみたいですがあまりにも自由に街中を練り歩いてるんで本当にビビります。マジで牛過ぎ。

 

f:id:m-hangloose-s:20161024021345p:plain

どっかのビルの屋上から眺めたガンジス河。建物の雰囲気と河の雰囲気がすごくマッチしてて気持ちのいい場所でした。

 

f:id:m-hangloose-s:20161024021625p:plain

宿で出会ったたくやくんとミツ君と朝日を見に行ったけど連日曇り雨で結局見ることはできず、残念!!俺が滞在した時期は雨季でガンジス河の水位もなまら増水していて写真で見たことあった様なガートの雰囲気は見れませんでした。また乾季に来たいわ!!

 

f:id:m-hangloose-s:20161024022147p:plain

ガンジス河で沐浴するインド人達。人や生き物の死体やプラスチックゴミ、木の燃えカス、汚水やら洗濯水までありとあらゆる物を流すガンジス河。細菌の数も半端ないらしく沐浴して体調不良になった旅人にも多々会いました。どう考えても実際に見ても汚いと俺は感じたんだけど沐浴していたインド人に細菌とかで体壊さないのって聞いたら『聖なる河だから大丈夫だよ』ってマジで言っててびっくりした。流石ローカルピーポー!!

 

f:id:m-hangloose-s:20161024024232p:plain

けど上の写真の旅行でバラナシに来てた育ちが良さそうなインド人の彼にガンジス河で沐浴しないの?って聞いたら『おれはヒンドゥー教徒だけどガンジス川は入らないよ。病気になっちゃうよ!』って言ってて笑った(笑)インド人でもだいぶ違うんだよな~!

 

f:id:m-hangloose-s:20161024024846p:plain

バラナシはヒンドゥー教の聖地だけあってサドゥーの数が半端なかった。有名なガートへの道で施しをもらうために座っているサドゥー達。

 

f:id:m-hangloose-s:20161024025136p:plain

バラナシではそこら辺で寝てるおっちゃんもたくさんいました。ちなみにこのおっちゃんは仕事中です(笑)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024231708p:plain

有名なブルーラッシーのマンゴーラッシー。バラナシには他にもババラッシーとバナラッシーっていう有名なラッシー屋さんがあってどこもうまいです!ラッシー屋自体もなまらあります。ラッシー好きすぎて毎日飲んでましたが何だかんだそこら辺のラッシー屋のプレーンラッシーが安くて濃厚で1番美味かったです(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024232845p:plain

ローカルのインド人におススメされた店で食べたバターチキンカレー。が、普通のチキンカレーの上にただバターを垂らしてなぜかチーズを乗せた物が出てきました。正直残念な味でバラナシでは美味しいカレーに巡り合わなかったな~(´-`)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024232039p:plain

けどココのドーサは美味かった!!有名店みたいですね!!外はパリッパリで中の具もしっかり入って最高でした!!ちなみに写真に写ってるのはネパールで出会った韓国人のトト。再会できてうれしい(^^)バラナシは韓国人にも大人気らしいです(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024232223p:plain

トトと一緒に外れの方にあるアッシーガートの方までやってきました。この写真もガンジス河なんですが雰囲気が全然違います。天気も良くてすごく綺麗に感じました。

 

f:id:m-hangloose-s:20161024232530p:plain

アッシーガートのすぐそばで自転車にペンキを塗るおっちゃん。自転車の性能は悪そうだけどめっちゃ渋くてカッコいいチャリでした(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024232656p:plain

トトがコリアンの中で有名なカフェに連れて行ってくれました!が、そのカフェは日本人の中でも有名なカフェでした(笑)やっぱ行くとこは似た感じなんですかね(^^)とは言えココはバラナシの喧騒を全く感じさせないオシャレカフェでした。韓国に帰ったら地元でカフェを開くために旅中は色んなカフェを巡っているトト。素敵です(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024231903p:plain

サンタナスタッフたくやさん主催の宅飲み!!その時泊まってた人達でワイワイと飲み会。みんなが旅に出た理由や色んなこと話して面白かったですね(^^)色んな人に出会えてよかた(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024231503p:plain

ガンジス河では夜になるとプジャーというお祈りを毎日やっています。かなりの人数のインド人が真剣にお祈りしていました。一見の価値ありですね!!

 

f:id:m-hangloose-s:20161024231141p:plain

一緒に肘をつかみながら歩くインドのばあちゃん達。なんかインド人はお互いの距離がやっぱり近くて助け合って過ごしててこういう風景みるとほっこりする(^^)ウンコだらけの道を裸足で歩くのはすごいけど(笑)

 

f:id:m-hangloose-s:20161024230942p:plain

じいちゃん達はしっかり手を繋いでずっと歩いてた(^^)なんかよい!!インドでは手を繋いで歩くおっちゃん達をよく見かけますがゲイとかではなくただ手を繋いでるだけらしいです。

 

という事で、

という事で写真多めで振り返るバラナシでした(^^)

 

まぁどこもそうですが特ににバラナシはぜひ

直接行って歩き周ってその雰囲気を肌で感じ

とってもらう事をお勧めします(^^)

 

興味深い街でした!!

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

 

 

【バラナシにある毎日インド人でごった返してる超おすすめのチャット屋】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在地はスリランカのウェリガマ!

スリランカ人は優しい海はキレイだし

飯は美味くてよいですね〜(^^)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



どうも、まさみです(^^)

 

以前はダージリンでおススメのチャット屋を

紹介しましたがバラナシでも美味しいチャット屋を

発見したので紹介したいと思います。

 

以前の記事はこちら↓


バラナシのおすすめのチャット屋 

f:id:m-hangloose-s:20161018130438p:plain

名前:不明

住所:不明

行き方:有名なGodowlia Chowkからラマプ・

ララクサロードをガンジス河の方ではなく

マンドゥワリ駅の方へ5分程直進して歩いて

行くと右手に上の画像の店が見えてきます。

 

f:id:m-hangloose-s:20161018130534p:plain

店の外観はこんな感じです。オープンするのは昼過ぎからなんですがいつ行ってもインド人でごった返しているんで割と簡単に見つけられると思います。インド人に大人気のアイス『クルフィ』も店頭で売ってます。Godowlia Chowkからも近いんでこの写真を見せれば大抵のインド人は場所が分かると思います(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161018130747p:plain

これはトマトチャット!!この店のオリジナルのチャットの様で他の場所で食べた物とは違った味わいでした!!ペースト状にしたイモをしっかりと焼いて表面が少しカリカリした物にたっぷりのトマトを使ったトマトベースのカレーの様なものをかけています。中にはパクチーなんかも入っていて非常に味わい深いです!とにかくうまい(^^)!!

 

お店のメニューにはトマトチャットとノーマルのチャットがあります。

 

どちらも非常に美味しかったのですが店の人も

そこで食べてるインド人も、

 

『絶対にトマトチャットを食べろ!ここの店の

トマトチャットはスペシャルやで!!』

 

と興奮気味に語っていたのでトマトチャットが

この店の看板メニューみたいです(^^)

 

値段は30ルピー。約45円。安いです!!

 

ただ店内には結構ハエが飛んでいるので

ちょっと苦手な人はいるかもしれません^^;

 

それとヴィッパサナー帰りに絶対ココのチャットを

食べたいと思ってたんですが何故かその時は二日

連続で店が開かずありつく事ができませんでした(T_T)

 

ただ本当にここの店は地元インド人でゴッタ返してる

人気店だったのでぜひトライする事をお勧めします(^^)

 

バラナシに行った際はぜひ(^^)!!

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)


ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

 

 

【死を身近に感じる街~インドのバラナシの火葬場で『死にたくないけど死ぬんだよなぁ』と思った話~】

f:id:m-hangloose-s:20161024021345p:plain

バラナシの街並み。

 

どうも、まさみです(^^)

 

ブッタガヤの次はヒンドゥー教徒の聖地

バラナシに来ました。

 

新しい街にはなるべく深夜につかない様に

していたんですがブッダガヤからのバスが

遅延に遅延を重ね夕方着のはずが夜中の

3時ころにバラナシに着きました。

 

一緒にバスに乗っていたインド人のおっちゃんは、

 

『This is India!!』

 

と誇らしげに言っていました(笑)

 

けど不思議とこんだけ遅れても『まぁ、いっか!』

的な感じでそれを受け入れてるインド人を見ると

心が広いというのか慣れているというのか日本人

との違いを感じますね。

 

まぁ、普通に時間通り来てほしいけどね!!


バラナシの火葬場に行く

バラナシで有名な場所の一つにマニカルニカー

・ガートという火葬場があります。

 

ヒンドゥー教徒の中では死後このバラナシの

火葬場で体を焼かれ灰になりその灰を聖なる河

ガンジス河に流してもらう事が何よりの幸せだそうです。

 

むしろここで死んで焼かれて灰を流される事が

人生の目標のヒンドゥー教徒もいるとか。

 

来世を信じるヒンドゥー教徒にとっては現世

での死は新たな生の始まりという考えがある

ので死も大きな門出の一つであるようです。

 

またここの火葬場にいたおっちゃんが言ってた

んですが火葬場で使われている炎はヒンドゥー

教の神様の一人シヴァ神の炎で3500年前から

今に至るまで燃え続けているといるそうです。

 

聖なるシヴァの炎だから人を焼いても嫌な臭い

もしないし灰になるまで完璧に焼かれるとも

言っていました。

 

そしてこの火葬場は24時間365日インド各地から

運ばれてくるヒンドゥー教徒の遺体を燃やし続け

ているとも言われています。

 

そんな所もヒンドゥー教徒達が聖地と呼ぶ所以なんだとか。


そんなヒンドゥー教徒にとっては聖地でもある

火葬場に宿で出会った日本人の方と三人で行ってきました。


ここから先行っていいのかな。。?

火葬場に着くとたくさんのインド人が佇んでいました。

 

いわゆる【遺体が焼かれている所を見る】には

階段を一つ上がって行かなくてはなりません。


インド人達も割と焼かれている場所の下でみんな

待機している感じだったんで、

 

『えっ、これより上に行っていいのかな?』

 

なんて言って三人でふらふらしていたら

一人のインド人が話かけてきて階段を登って

上に行っていいんだよと教えてくれました。

 

けど個人的に見たい気持ちもありましたが

俺の感覚的に、

 

『こんな俺達みたいな見ず知らずの観光客が

いきなり現れて大切な人の最後の瞬間を見て

去っていくのを見て親族や当の本人はマジで

どう思うんだべ?マジイイの?』

 

と、思っていたのでおっちゃんに聞いてみると、

 

『大勢の人に見送られる事がその人にとっても

家族にとっても幸せになるからむしろいい事だよ。』

 

『家族もそれを分かっているから何も言わない。

もし嫌だったら当たり前に嫌だって言うよ.。』

 

『俺も大勢に見送られたいと思ってるよ。』

 

と言っていました。

 

自分の感覚的にはもしいきなり訳わからん

インド人が知人の葬式にふらりと現れて、

 

『いや、衝撃だったわ。』

 

とか言ってサッと帰って行くのとか正直

意味が分からなさすぎるけど^^;わ

 

けどまぁ、おっちゃんの言葉を言い訳に結局は

好奇心に負けて本当の火葬場に近づく事に。


最初見た時は薪だと思っていた物が、、、

で、階段を上がって見た光景は衝撃でした。

 

まず遺体を焼くスペース(薪が積み重ねられた場所)が

8~10個ほどありました。

 

けど俺が上がった時は半分くらいしか稼働

していなかった気がします。


で、炎に包まれている遺体を囲むように多くの

インド人がいてみなジッとそれ眺めていました。


さっきのおっちゃんが、

 

『あそこで今燃えているよ』

 

とすぐ近くを指して俺に教えてくれました。

その距離わずか2~3メートル。

本当に目の前です。

 

しかし遺体事態は布の様なものでしっかりと

くるまれているので体は出ていません。

 

見えるのは薪が燃えている所だけ、と思って

いたんですがその薪を良く見てみると白色を

していました。

 

で、さらに良く見てみるとその薪の一部だと

思っていた物の先には見慣れた人間の足がついていました。

 

そう最初薪の一部だと思っていた物は人間の骨でした。

 

ふくらはぎ部分の肉だけ炎の強さの違いに

よってすでに焼き切られ骨が露出してたんですね。

 

で、さらにそこから焼かれ続けた部分は

静かに盛り上がり足が自然と上へと動いていました。

 

ただただ、衝撃でした。。


死が身近にある街バラナシ

火葬場に行ってバラナシに滞在して思った事。

それは非常に死が身近にあるという所。

 

そこら辺の店で普通に飯食ってる一般人の

目の前を遺体を担いだたくさんの人が

何度も何度も通って行きます。

 

おっちゃん達が路上に停めたバイクに座って

チャイをすすって、

 

『いや~ココのチャイ最高!!うめ~!!』

 

なんて言っている目の前を遺体を担いだ

たくさんの人が何度も何度も通って行きます。

 

路上でション便してるおっちゃんの横を

何事もないかのように通って行きます。

 

俺もラッシーを飲んで談笑してる際に何度も

遺体を担いだたくさんの人が通ってて普通に

びっくりしました。

 

そして灰になる最後の姿まで見届ける。

 

日本の感覚じゃありえないですよね。

 

生まれて死ぬ。

 

これは誰にでも起きる当たり前の事ですし

1日1日、1分、1秒、俺もあなたも『死』

に近づいています。

 

すごく当たり前の事なのにこの言葉を

パソコンでタイプしているだけで何とも

言えない気持ちになります。

 

日本人って中々死を身近に感じる事って

あまりないですよね。

 

どちらかと言うとタブー的な所もあるし。

 

けどバラナシではそれが当たり前。

 

人は生まれて死ぬ。

 

それが当たり前と言うのをココに住む

インド人は目の前の生活を通して直に

感じ取ってます。

 

『みんな最後は死んじゃうんだからみんなで

楽しい事イッパイした方がいいよ!!』

 

そんな事をポロっと言っていたバラナシ出身の

火葬場のおっちゃんの言葉にはなんとなく

説得力がありました。

 

という事で、

という事でバラナシの火葬場でのお話でした。

 

ここに来てやっぱ俺は全然死にたくないし

死ぬ気もないしまだまだやりたい事が

いっぱいあるなって思いました。

 

世界中色んな所に行きたいし、大好きな人と

一緒になって大好きな子供達と一緒にたくさん

の時間を過ごしたいし大好きな友達や家族とも

もっともっと一緒にいたい。

 

けど、


『死にたくないけど死ぬ』

 

っていう中々受け入れづらいけどそんな当たり

前を頭に入れて終わりは意識した方がもっと

もっと今ある時間を大切にできるなと思います。

 

中学生の時なまら好きでよく聞いていた

19ってグループがいました。


で、彼らの作品の中に『卒業の歌、友達の歌』

という卒業式シーズンに聞くとウルっとくる

超いい歌があります。マジよい歌(^^)

 

この歌の中に、

 

『終わる事を僕らが意識し始めたとき急に、

時間は形を変えた。』

 

『退屈だと叫んでいたなんでもない毎日が

今では宝物です。』

 

って歌詞があるんですがこれを聴いた時は

マジこいつら天才かと思いました。(きっと天才)

 

中学生時代、それこそ歌の歌詞通りに

『退屈だね~』なんて言いながら何でもない

毎日を過ごしていたんですが(そのまんま過ぎ)

冬休みが終わりいよいよ卒業が近づいてきて

【終わり】を意識し始めると、、

 

『いやいや、まだ卒業したくないし』

 

『うわ~、まだみんなと過ごしたいわ~』

 

なんて思い始めて全く同じ仲間と全く同じ

場所で全く同じ時間を過ごしていたんですが

その時間の感じ方、見え方が本当に急に

変わったんですね。

 

退屈だった時間がなまら愛おしくなるというか。

 

高校を卒業する時も、大好きだったシェアハウス

から引っ越すときもこの感覚を味わいました。


夏の終わりが近づくと急にとても切なくなったり

とかもそんな感覚と似てるかもしれません。


けど間違いなく【終わり】を意識し始める

事で時間は形を変えて目の前に現れます。

 

それの究極が【死】なんじゃないですかね。

 

本気でそれを意識出来たら本当に毎日が

あの時感じたように形を変えて目の前に

現れてくるんだと思います。

 

そう考えると俺はまだまだ自分の【死】

自分の人生の【終わり】を全然リアルに

意識出来てないと思います。


別に無理に【終わり】を意識する必要はない

ですが意識する事でいい意味で人に優しく

なれるし多くの事を大切にできるんじゃ

ないかと俺は思ってます。

 

ちなみ【終わり】を意識する関連って事で

親との残り時間について昔書いた記事はこちら↓

 

とまぁ、ごちゃごちゃ書きましたが俺は

みんなと気楽に楽しく過ごしたいです(笑)

 

月並みだけどみんなに唯一平等に与えられた

時間という物を大切に過ごそー!!と感じた

バラナシでした(^^)(強引にまとめてみる)

 

バラナシは風景、人、建物、雰囲気、何を

とってもいわゆる多くの人が想像する様な

Theインド!!って雰囲気をモロに感じれて

色々な事を垣間見れる場所なんで一度は

訪れてみたら面白いと思います!

 

不思議な雰囲気がある場所です(^^)

それでいて何となく落ち着く雰囲気もありました。

 

まぁ、牛とウンコの量は半端ないですが(´-`)フフフッ

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

 

【インドのブッダガヤにある安くて清潔でWi-Fiサクサクのおすすめの宿】

どうも、まさみです(^^)

 

ブッダガヤでおススメのゲストハウスがあった

ので紹介します。

 

f:id:m-hangloose-s:20161015215211p:plain

名前:RAHUL GUEST HOUSE

住所:Near Kalchakra Maidan Maharani Road, Bodhgaya, Bihar 824231

 

ココは安いしキレイでWi-Fiサクサクで最高でした!

 

ブッダガヤでたまたまネパールで俺が通いまくった

絆という日本食レストランのオーナーに出会いココを

教えてもらいました!

 

俺が泊まった時はシングル200ルピー!!

この清潔さでこれはかなり安いと感じました。

 

f:id:m-hangloose-s:20161015215312p:plain

部屋はこんな感じ。シングルと言ってましたがベットは2つあってダブルですね。部屋内にトイレとシャワーもありそれも清潔です(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161015215340p:plain

二階にテラス席もあってまったりできます。

 

ココは家族で経営しているみたいで俺が泊まった

時はママって感じのインド人の女性が色々案内

してくれました。

 

俺が泊まったのはシーズンオフだった事もあり

200ルピーでしたが普段もそんなに高くないよ

とママさんは言ってました。

(何故かいくらかは教えてくれなかった)

 

中心地から若干離れていますが10分程です。

 

近くにフジヤグリーンという旅行者にも地元民

にも人気のレストランがあるので行きやすいですね。

 

俺がブッタガヤで泊まったのはココと仏心寺の

宿坊でしたがどっちも安くて良かったです(^^)

 

という事で、

という事でブッダガヤのおすすめの宿を紹介しました。

 

ブッダガヤはオフシーズンの方が宿も安いし

人も少ないしイイような気がしました。

 

オンシーズンに行ったことないけど。

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

 

【ブッダガヤで食べれる最強にうまい30円のおすすめインド料理≪アルーパラタ≫を紹介する】

どうも、まさみです(^^)

 

ブッダガヤに滞在中は毎朝食べていたインド料理があります。

 

それは【アルーパラタ】

 

パラタと言うのは、小麦粉(アター)にギーと

呼ばれるインドの油を練りこんでチャパティ

様に円に伸ばして焼いたものを言います。

 

アルーはジャガイモの事。

 

厳密には違うらしいんだけどざっくりいうと

ジャガイモが練りこまれたチャパティって感じです。

 

で、ここブッダガヤでは最強にコスパのイイ美味しい

アルーパラタを食べれる屋台があったので紹介します。

 

最強に美味いアルーパラタ屋

f:id:m-hangloose-s:20161015212225p:plain

バイクの目の前がアルーパラタの屋台です。仏心寺の宿坊からも近くの有名な大仏像の近くにいこの屋台はあります。

 

場所の説明をします。

 

この屋台は仏心寺の宿坊近く(徒歩一分)にあるので

まずは仏心寺まで行ってください。

 

日本寺の宿と言えば現地の人は分かります。

で、宿坊についたら宿坊を背にして下さい。

 

そして左に真っ直ぐ進んでいきます。

するとすぐにT字路にぶつかるのでそれも左。

右手に一つ目の曲がり角があるのでそこを

曲がれば到着です。

 

上の写真やカナコインターナショナルと書かれた

日本語の看板を目印にしてみて下さい(^^)

 

宿坊から徒歩一分位で激近なんですぐわかるかと思います。

 

f:id:m-hangloose-s:20161015213528p:plain

で、これがそのアルーパラタ20ルピーです!たった30円でこのボリューム!!しっかりイモの味のするアローパラタ2枚と具がたっぷり入ったカレーとサブジと生野菜と唐辛子。意外にボリュームあります。しかもカレーはおかわりできます。イモ尽くしではありますがたった30円でこれは大満足!!屋台だけど意外と店も清潔にしてて好感が持てます(^^)マジ満足感高いんでぜひお試しを!!

 

この屋台の隣にはチャイ屋さんがあったので

毎朝チャイをセットにして一緒に飲んでいました。

最高の朝ごはん!!

 

多くのローカルインド人も毎朝食べに来ていました。

 

ココでアルーパラタを知ってインドのいたる所で食べてきました。

 

生地がサクサクしている物やしっとりした物、

ギーをかける物や付け合わせがダルだけだったり

本当に様々な種類があります。

 

そんな中でもここブッダガヤのお店はかなり

満足度が高いのでぜひトライしてみて下さい(^^)

 

ココは仏心寺の清水さんに教えてもらったので

もし場所が分からなければ聞いてみたらいいかもしれません(^^)

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

 

【世界最大の仏教国は日本!?ブッダガヤでお坊さんと話したよ(^^)】

f:id:m-hangloose-s:20161021202621p:plain

仏心寺のすぐ近くの巨大ブッダ像。鎌倉の大仏よりだいぶ大きかったですね。

 

どうも、まさみです(^^)

 

プリーからブッダが悟りを開いた地と

されているブッダガヤに到着。

 

オフシーズンという事もあってか街に

人影は少なく緑が多くすごく落ち着いた

雰囲気に感じました。

 

で、ここブッダガヤでは日本人のお坊さんと

お話がしたいなと思っていたので仏心寺と

いう日本寺の宿坊に泊まらせてもらいました。

 

日本人のお坊さんがいるという仏心寺。

 

時期によっては居ない事もあるみたいですが

俺が滞在した時期には運よくお坊さんがいて

色々とお話をすることができました。


世界最大の仏教国日本?

仏心寺のお坊さん清水さんと話したことは

本当に興味深い事が非常に多くとても

おもしろかったです(^^)

 

中でも一番面白かったのが日本は世界で一番

仏教の教えが生活レベルで染みついているという話。

 

最初これを清水さんの口から聞いた時

どういう事だろうと考えました。

 

自分もそうですが日本の人は基本的に

無宗教の人が多いと思います。

 

それだけではなくあまり宗教に馴染が無い

せいか宗教アレルギーというか、

 

【宗教=危ない、怪しい、洗脳】

 

という様にかなり偏った負のイメージを

連想してしまう人も多いのではと思います。

 

ここ数年で生まれたような新興宗教に対しては特に。

 

そんな風に感じていた日本が世界で一番仏教

教えが染みついてる国と言われてもあまりピンと

来ませんでした。


ダライラマが今世界中で話してる事って。。

で、あまりピンと来なかったんでそれって

どういう事ですかと尋ねてみると清水さんは

ダライラマの話をしてくれました。

 

ダライラマとは言わずと知れたチベット仏教のトップ。

 

チベット仏教仏教では細かい所に違いは

ありますが教えとしてはかなり近いそうです。

 

そんなチベット仏教のトップが世界中で危険を

犯してまで何を伝えているかと言うと、


【思いやりを持ちましょう】【慈悲の心を持ちましょう】


と言う事。

 

思いやりと慈悲の心というのは仏教の教えの原点。

その原点を世界中で講演をしながらダライラマ

伝えているのだそうです。

 

ちなみにウィキペディアによると慈悲とは

仏教用語で他の生命に対して自他怨親のない

平等な気持ちを持つ事をいうみたいです。

 

けど考えてみたら相手に対して思いやりを

持ちましょうとか平等な気持ちを持ちま

しょうって結構日本じゃ当たり前みたいな

所もありますよねと清水さん。

 

極端な話、もしダライラマが日本に来て、

 

『慈悲の心と思いやりを持って生活しましょうね』

 

って講演したとしても、

 

『いや、うん。すげーいい事言ってるのは分かる

んだけどそれって結構当たり前じゃね?』

 

と、思う人も多い気がします。


けど世界じゃ違うんですね。

 

それが当たり前じゃなく超新鮮な教え

だったりする所もあるわけですね。

 

その教えが拍手大喝采で迎え入れらたりするわけですよ。

 

確かに個人的な感覚からするとインド人

なんかは相手の事を思いやってる人ももちろん

いると思いますが良くも悪くも自分の欲望に

従って行動してる人が多い気がします。

 

もちろん日本人が全員思いやりと慈悲の

心に溢れているかと言うとそんな事は無いと思います。


けど小さい時から親や学校の道徳?の授業

とかで当たり前の様に言われた記憶があるのも確か。

 

そう考えると過大評価じゃなく思いやり

をもったり相手の事を考えたりして行動

している日本人は多いと思う。

 

違う見方をすればただ相手に嫌われたくないから

とかもあるかもしれませんが。

 

知らないうちに送っている仏教的生活

それと多少の言葉の違いはあれど多くの人が

聞いたことあるだろう、

 

【誰も見てなくてもおてんと様が見てるよ】

 

って言葉。

 

そう言われると、人のいない場所でも悪い事を

してはいけないような気になりますよね。

 

逆に誰も見てなくてもおてんと様は見てるしな

と誰が見てようが見てなかろうが頑張るきっかけに

なったりもしますよね。

 

この言葉なんかも仏教の考え方や教えに

すごく精通してたりするみたいです。

 

他にも【いただきます】【ごちそうさま】

や日本のことわざ何かも仏教の教えと密接に

関係しているものが多いんだとか。

 

だからこそ日本こそ最も生活レベルで仏教

染み込んでる国って言ったみたい。

 

確かに、

 

『いただきますというのは仏典の69ページの○○という

考えからきた仏教の教えに通じるものです』

 

何てことは一度も教わった事はないけど

いただきますは食事の前に必ず言う。

 

そんな気づかない仏教的生活が日本の

生活の中にはイッパイあるみたい。

 

おもしろいですね~(^^)


という事で、

そんな感じで清水さんには色んな考えや

面白い話を聞いたり自分の質問をさせて

もらったりして本当に面白い時間を過ごさせてもらいました。

 

ちなみに輪廻転生についてどう考えてるかきいたら、


『来世があるかないかは分からないけど

現世でいい事をして徳を積んで実際に来世

いい形で生まれ変われたらラッキーなんで

私は徳を積もうと思います(^^)』

 

って言ってました。シンプルですね!

 

色々ありがとうございました(^^)

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================

 

【写真で振り返るプリー~インドのお祭りラタヤットラとサンタナと海と~】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在地はスリランカのウェリガマ!!

久々にサーフィンを1日中したら筋肉痛と

日焼けで体がバキバキ^^;

とは言えやっぱり海はいいですね(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

どうも、まさみです(^^)

 

コルカタの次はプリーという街に来ました。

 

もともと来る予定のなかった街なんですが

何やらラタヤットラというインド最大級の

お祭りもあるしサンタナプリーが最高という

話も聞き面白そうなので行ってみました(^^)

 

そんなプリーでの日々を写真で振り返りたいと思います。

 

写真で振り返るプリー

f:id:m-hangloose-s:20161009210824p:plain

プリーのサンタナロッジ。ここに来ることを目的にしてプリーに来る人もいるのだとか。インドで一番古い日本人宿で安いし居心地よくて満足度高かったです(^^)朝、夜飯とチャイがついて一泊250ルピー!!安過ぎますね!!ありがとうございます(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161009211212p:plain

サンタナから歩いて海に行けます。インドで初めての海!!けど風が強すぎてゆっくりできる様な感じではありませんでした。地元のインド人はたくさんいて海に入ったりワイワイ騒いだりしていました。

 

f:id:m-hangloose-s:20161009211609p:plain

プリーの地方の神様ジャイジャガンナート。インドの神様の中で唯一ゆるキャラっぽい雰囲気の神様。インドって本当に色んな神様がいますね(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161015204540p:plain

インド最大級のお祭りラタヤットラ!この日はサンタナのスタッフを中心としてお神輿やら太鼓やらを用意してくれてみんなでプリーの街を練り歩く。この様子が翌日のインドの新聞に載っててびっくりしました(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161009212338p:plain

インド最大級の祭りラタヤットラをビルの屋上から眺める。とんでもない人の数です。神様を祀った櫓が来るらしいので屋上で待機してました。

 

f:id:m-hangloose-s:20161009212529p:plain

オケツぷりぷり君(^^)インドでは下に何も履かない子供達をよく見ました。貧しくて買えないとかそういう感じじゃない人も結構いたと思うんだけどなんで何も履かないんだろ?

  

f:id:m-hangloose-s:20161009212444p:plain

夜になってようやく櫓が到着!奥に見えるのが櫓!!近くに行けて触れば御利益があるらしいので人をかき分けて櫓まで向かいました!!

 

f:id:m-hangloose-s:20161009212216p:plain

近くまで来ましたが柵が作られていてこれ以上近寄る事ができませんでした。ちなみにこの櫓に潰されてこの世を去る事が一つの幸せとされているらしく毎年多くのインド人がこの櫓にわざと轢かれに行くらしいです。実際翌日のインドの朝刊に突っ込んで大けがした人の写真が載っていました。うひぃ~!流石に危険ですね^^;ちなみにこの人込みで一眼レフカメラを盗まれてしまった人がいました(T_T)人込みは本当に注意です。

 

f:id:m-hangloose-s:20161015204445p:plain

ラタヤットラの次の日はサンタナスタッフのナチョスさん主催?のプリーロックフェスティバル!一芸持ったサンタナ宿泊者達がギターしたり歌うたったり踊ったりすごかったですね(^^)特にナチョスさんのパフォーマンスは圧巻でした!

 

f:id:m-hangloose-s:20161015204419p:plain

DJセットを持ち込んでDJしてくれる人もいたりして本格的!!楽しかったですね(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161015204838p:plain

プリーにはサンタナロッジというバックパッカー用の安宿とサンタナホテルという中流階級向けの綺麗なホテルもあります。このホテルの名物のフィッシュカレー!!これは美味しかったですね~(^^)

 

f:id:m-hangloose-s:20161015204945p:plain

で、こちらはサンタナロッジで食べたバターチキンカレー。これは人数が揃った時にしかオーダーできず中々ありつけないのだとか!これは超美味かった!!流石サンタナ、日本人好みの味付けを知ってます。冗談抜きにかなり美味かったんでぜひサンタナに行った際は食べてみて下さい(^^)

 

という事で、

という事で写真で振り返るプリーでした(^^)

 

自分が滞在中はラタヤットラがあった事から

かなりの人数の日本人がサンタナに泊まっていました。

 

20~30人いたのかな?

 

全員とは話せなかったけどみんな元気で

イイ人そうな人が多かったです。

 

プリーは正直何もやる事ありませんが

サンタナがあるしゆっくりするには

持って来いかもしれませんね(^^)

 

という事で今日も最後まで読んでくれて

どうもありがとうございました(^^)

 

ブログランキングに参加しています。

下のボタンをぽちりと押して応援

してくれると、 わや嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 ===================================

どんな事でもいいので何か質問、疑問、

要望などあれば

 

m.hangloose.s@gmail.com

 

まで連絡下さい。WI-FIの調子が良けれ

 

3 日以内には必ず返信させてもらいます(^^)

===================================